消費者金融と銀行のおまとめローンの違い

消費者金融も銀行でもおまとめローンを行うことは可能です。もちろん、違いがあり、特に審査通過率と借入金額の上限に目に見えた違いがあると断言できます。

 

即日借入れできるキャッシング、おまとめローンもオススメ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

審査を通過しやすいのは消費者金融

毎月『月間消費者信用』という業界紙で、審査通過率が提示されているのですが、それによると、消費者金融の方が、銀行カードローンよりも2倍程度審査通過率が高いです。つまり、消費者金融の方が審査に通りやすいとしっかりとデータが出ているのです。

 

これは、通常のカードローンであっても、おまとめローンであっても差はありません。銀行に通り辛い人は、クレジットスコア、いわゆる信用度の低い人達です。そのような人達でも審査に通過できるのが消費者金融ですので、もしも、信用事故を起こしたことがあったり、遅延や延滞を行った経験があるという場合には、銀行よりも消費者金融でのおまとめローンをオススメします。

 

借入金額が大きいのは銀行

消費者金融の場合は、総量規制のこともあり、おまとめローンの借入金額の上限を300万円と設定しています。しかし、銀行のおまとめローンならば、最も大きくて横浜銀行カードローンの1000万円、楽天銀行スーパーローンやイオン銀行カードローン、オリックス銀行カードローンなど、おまとめローンを積極的に行おうとしている銀行ならば、800万円が上限になっています。銀行の方が3倍程度は上限を設けていることが分かります。

 

借入金額が大きければいいわけではない

しかし、借入金額が大きければ大きいほどいい、という訳でもありません。上記した審査通過率の件もありますし、現在の借入総額が300万円を超えないのであれば、消費者金融の方が利用しやすい、ということもあります。金利のことを考えると銀行の方がいいというのも事実ですが、クレジットスコアに傷がついていないことも重要ですので、基本的には利用者次第、という訳です。

 

借入金額も信用度に影響する

信用度が影響するのは審査だけではありません。信用度が低いと、借入金額が少額になってしまう場合もあり、完全一本化することはできず、部分的なおまとめができる程度にしか融資してもらえない可能性も十分に考えられます。これは通常のカードローンでもあまり変わりはありませんね。

 

おまとめローンには業者にとってもリスクがある

おまとめローンを積極的に行うのは、消費者金融であっても銀行であっても少ない企業しかありません。それも、必然的に多額の融資になる上に、すでに多重債務者という、貸し倒れされる可能性の高い相手に融資をしなくてはならないので、無事全額を返済してもらえないリスクを考えなくてはならないのです。無用なリスクならば、背負わないに越したことは無いため、おまとめローンにはあまり積極的にはなれないという現状があるのです。

 

銀行カードローンの方が得をする

金利が低い、という点では間違いなく銀行カードローンの方が得をします。消費者金融と比べると圧倒的に金利が低く設定されているので、それだけ返済するのは楽になります。しかし、前述したように、積極的におまとめローンを取り入れている銀行は少ないですし、無事審査に通過できる可能性もかなり低いです。

 

その上、無事審査に通過できたとしても、借入までに時間がかかってしまうといったデメリットも存在しています。どちらがいいのか、と言う点に関しては、一概にどっちがいいとは言い切れません。消費者金融には消費者金融のメリットもデメリットもあります。銀行も同様です。

 

ですので、自分自身が利用する際には、どちらのメリットの方が今の自分に必要か、デメリットの影響を最小限に押さえられるのは一体どちらか、という点をしっかりと考えたうえで行いましょう。それはおまとめローンであっても、通常のカードローンでも同じことです。そして、きちんと返済を完遂することも大切ですので、無理をしないで済む方を選びましょう。

複数社からの借入&おまとめローン

「複数社からの借入をお考えの方」および「すでに複数社からの借入がある方」へ。是非、こちらを読んでいただきたいと思います。

 

借入をする際に私たちが受ける「審査」。その審査において金融機関が利用しているのは信用情報機関に残された私たちの金融情報(クレジットカード・ローン・借入などの利用履歴)です。金融機関は、信用情報機関の記録を参考に借入希望者の過去の借入履歴等を調べ(返済遅延・滞納など“事故情報”の有無を確認し)、「この人は信用できるか/できないか」を判断しているわけですね。

 

また金融機関は、事故情報の有無に加えて、過去・現在の借入スタイルもチェックしており、「過去に複数社からの借入経験がある」「すでに他社からの借入がある」という希望者に対しては審査が厳しくなる傾向があります。つまり…借入先の金融機関が多いほど審査において不利になるということです。

 

また、複数社からの借入においては、通常の借入時以上に「総量規制」への注意が必要になるという難点もあります(総量規制とは、消費者金融での借入における「借入金額の上限は年収の三分の一まで」という決りのこと)。借入が別にある場合、すでに借入れている分と新規の借入分の合計が年収の三分の一以内に収まっていなくてはなりませんから、借入残高の正確なチェックと管理が求められるわけです(*銀行からの借入は総量規制の対象外です)。

 

このように、複数社から借入をするのはラクではありません。「複数社からの借入はスムーズにいかないことが多い!」と思っておいた方が良いでしょう。しかも将来の借入やローン利用に悪影響を及ぼすリスクまであるのです! 加えて、消費者金融ごとに返済日や返済方法などもかわってきますから、複数社からの借入があると返済プランを立てるのも非常に難しくなってしまいます。また、返済日が月に何度もくるということは、それだけ手数料や精神面においての負担も大きくなるということ……。

 

以上の理由から、“複数の金融機関から借入をする”ことはお勧めできません。なるべく借入は1社からにまとめるべき!複数社からの借入を一本化する商品「おまとめローン」などを利用し、借入先の金融機関を減らしていきませんか?

 

おまとめローンとは?

「おまとめローン」とは、複数の金融機関からの借入を一本化する借換え商品のこと。借入を一本化することには、「(手数料・金利などのコストを減らすことができるため)多重債務による返済負担の軽減」、それに伴う「完済までの道の短縮」といった効果が期待できます。

 

複数社からの借入がある場合、そのそれぞれに対し手数料を支払わなくてはなりません。ですから、借入先の金融機関が何社もあるということは、それだけ余分な支払いが必要になるということであり、返済総額も多くなることを意味しているのです。

 

また、借入したお金は、期日を守って返済していかなくてはならないわけですが、複数社からの借入をしていると、「うっかり返済日を忘れてしまった」といったミスを起こしやすくもなります(こうしたミスをしてしまうと、罰金が発生したり、新たな借入ができなくなったりなど、さまざまなペナルティが課せられることも……)。

 

こうした事態を避けるためにオススメなのが「おまとめローン」!複数社からの借入で返済計画が行き詰っている、返済がなかなか進まない、精神的にも疲れてきたという方は、ぜひ、借入の“おまとめ”を検討してはいかがでしょうか。

 

借入を一本化すれば、返済日が毎月1回になりますから、管理がしやすくなり返済忘れの心配もなくなりますよ!

 

まとめ

近年、ますます気軽に利用できるようになってきているキャッシングサービス。そのため、ついつい気軽に複数社から借入をしてしまうという方が増えています。

 

もちろん、自分でうまく管理できているのであれば、複数社からの借入もかまいません!ですが、安易に借入先の金融機関を増やしたことによって増えてしまった返済負担に苦しんでいる方が多いのも事実……。

 

ですから、なるべく複数社からの借入は避けるのが賢明!すでに複数社からの借入がある方は「おまとめローン」を活用して借入を一本化することをご検討ください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴